2014年12月1日月曜日

【韓国人の黒人差別意識が酷い】 黒人射殺の白人警官不起訴、全米で暴動=韓国ネット「黒人の存在は頭痛の種だ」

2014年11月29日、韓国メディアによると、米ミズーリ州セントルイス郡で8月に黒人の青年を射殺した白人の警察官が同郡の大陪審で不起訴となったことを受け、大陪審の判断に反発する市民らによる暴動が全米規模に広がっている。



8月にセントルイス郡ファーガソンで、黒人の青年マイケル・ブラウン氏が白人の警官ダレン・ウィルソン氏に射殺された事件について、地元セントルイス郡の大陪審は24日、ウィルソン氏を不起訴処分とした。これに反発した地元住民らが警官隊と衝突し逮捕者が出るなど暴動が広がっており、抗議活動は全米規模に拡大している。

この騒動について、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「黒人の存在は頭痛の種だ」

「抗議するなら文明的にすべきだ。商店を壊したり略奪したり…。自分たちが劣等民族だと証明するようなもの」
「黒人たちの行動を見れば、警官の過激な応戦も理解できる。黒人たちのやっていることは放火、略奪、破壊以外のなにものでもない」
「警察の対応が過剰だとは思わない。米国には彼らのルールがあるのさ。銃を先に打たなければ死ぬのは自分なんだ」

「米国で黒人は二等国民、韓国人は七等国民…。入国審査から差別意識をひしひしと感じるよ」






黒人射殺の白人警官不起訴、全米で暴動=韓国ネット「米で黒人は二等国民、韓国人は七等国民」
http://www.recordchina.co.jp/a98273.html

このコメントが韓国人の黒人差別を物語ってるね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報