2014年11月21日金曜日

韓国史が中国からフルボッコ!! 中国製品をマイナス報道=中国ネット「この上なく卑しい」「排他的で包容力ゼロ」

2014年11月20日、中国の低価格商品について、韓国・中央日報が否定的な報道をしているとして、環球時報(電子版)が批判。これにネットユーザーが注目している。



中央日報は19日、「中国が商品を低価格で販売することにより、多くの韓国の企業は価格を下げても見向きもされない。恐ろしいデフレがやって来た」とし、違う紙面で「中国政府は全国民を監視しているため、米国の回線や機器を使った方がいい。海外の中国人留学生と華人は皆中国のスパイ」と批判的な記事を掲載。これに環球時報は「中韓が友好関係を継続している中で、事実無根の報道は実に理解しがたい」と批判している。以下は環球時報の記事コメント欄に寄せられた意見。

「こんなメディアは懲らしめるべきだ」
「米国にべったりな韓国は警戒すべき」

「韓国メディアの報道は理不尽だ。自由競争は社会の発展の動力。中韓の商品が競争することは回避できない現実。競争に勝てないからと言って批判するなんてこの上なく卑しい」

「韓国の庶民は高品質で低価格な商品を必要としている。消費者が欲する物を作った者が勝つ。いずれにしても韓国の庶民は受益者なはずだ。韓国メディアは器が小さすぎる」

「中国メディアは政府の許可がなければ報道ができないため、いつも受け身だ」

「韓国メディアはサムスンがアップルにチャレンジしているように、競争において挑戦する姿勢を見せるべきだ。言いがかりや恨み言に意味はない」

「韓国は排他的で、包容力がない国だ。世の中は21世紀だというのに、韓国人の思想は古代から進化していない」

「中国が韓国を必要としている以上に、韓国は中国という存在に依存している。韓国製品の大部分は台湾から輸入することができ、中国製品を欲しがる国はいくらでもある」






韓国紙が中国製品をマイナス報道=中国ネット「この上なく卑しい」「排他的で包容力ゼロ」と猛バッシング
http://www.recordchina.co.jp/a97776.html

どっちもどっち。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報