2014年11月19日水曜日

日本、米出版社に「慰安婦強制連行」記述の修正要求=韓国ネット「日本のしつこさ…」「米国はどっちの味方?」

2014年11月18日、韓国・NEWS1によると、日本の外務省は同日の記者会見で、高校の教科書に「慰安婦を強制連行した」と記載した米国の出版社に対し、内容の修正を要請したことを明らかにした。




米大手教育出版社「マグロウヒル」が出版した教科書には、「日本軍は慰安所で働かせるために14~20歳の約20万人の女性を強制的に徴用した」、「逃げようとした慰安婦が殺されることもあった」などと記述されているという。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「被害者はいるのに加害者がいないなんてことがあり得る?」
「事実や歴史は変えられない。言い争うこと自体、おかしい」
「韓国の外交部は昼寝中か?」

「教科書には事実を載せるべき。修正しないで!」
「ついに他国の教科書まで歪曲しようとしだした」
「犯罪を否定し美化してまで、人から尊敬されたいの?」

「この戦いはどっちが勝つんだ?ここまできたら、もう引き下がれない」
「米国の対応に注目だ。どっちの味方だ?」
「日本政府のしつこさ…韓国政府が見習うべきところだ」
「粘り強く訴える日本政府を、国際社会は評価するだろう。日本の要求事項を前向きに検討するはず」








日本、米出版社に「慰安婦強制連行」記述の修正要求=韓国ネット「日本のしつこさ…」「米国はどっちの味方?」
http://www.recordchina.co.jp/a97719.html

さ~アメリカはどうするだろうね。

とりあえず共和党政権がどう出るかだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報