2014年12月22日月曜日

日本人の66%が「韓国に親しみを感じない」=韓国ネット「韓国人の100%が日本に親しみを感じていない」「間違った歴史を教えられている日本人」

2014年12月22日、韓国・聯合ニュースによると、日本人の66%が韓国に親しみを感じていないことがわかった。



日本政府は10月、全国20歳以上の男女1801人を対象に国民意識調査を実施した。韓国に「親しみを感じない」と答えた人は66.4%で、昨年に比べて8.4%増加。1975年の調査開始以来、最も高かった。また、韓国に「親しみを感じる」と答えた人は31.5%で、昨年に比べて9.2%減少した。

2009年には、韓国に「親しみを感じる」と答えた人が63%を超えていたが、李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が2012年に竹島を訪問した後から3年連続で低下している。この結果は、日本国内の反韓感情が深刻化していることを表していると伝えた。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「『韓国に親しみを感じてほしい』なんて誰が言った?韓国人の100%が日本に親しみを感じていない」

「うれしい結果が出た。韓国も日本と仲良くしたくないからちょうどいい」

「加害者のくせに、よくそんなことが言えるね。日本人が韓国を嫌う理由はないはず」

「ひどすぎる…日本に住んでいる韓国人が心配」

「被害者の韓国が実施するならわかるけど、なんで加害者の日本がこんな調査を実施するの?」

「『親しみを感じる』と答えた人が30%もいたの?ちょっとうれしい」

「日本は何十年も前に過ちを犯したけど、韓国は今、過ちを犯していると思う」

「間違った歴史を教えられている日本人たちがかわいそう」

「日本の反韓感情は李明博前大統領のせいじゃなくて、日本を破滅の道に向かわせている安倍首相のせいだ」






日本人の66%が「韓国に親しみを感じない」=韓国ネット「韓国は過ちを犯している」「日本人が韓国を嫌う理由はない!」

いいじゃん、関係ないだろ君たちには。って感じ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報