2014年12月30日火曜日

中国でGメールが使用不能、当局が規制強化か=「なるほど、最近は迷惑メールの量が減っていた」「グーグルを禁止すべき」―米国ネット

2014年12月29日、米インターネット検索大手グーグルの無料電子メールサービス「Gメール」が中国国内で使用できなくなっていることが分かった。米メディアが報じたこのニュースに、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。



AP通信などは29日、中国国内でGメールが使用できなくなっていると報じた。中国当局が規制を強化したものとみられている。報道によると、中国からのGメールによるデータ流量が26日から急激に減り、27日にはほぼゼロになり、アクセスできなくなったという。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国人はなぜこんな扱いに耐えられるのか分からない。彼らは自由になりたくないように見える」

「妻が中国から帰って来たところだが、彼女のGメールのアカウントは完全にブロックされてしまった。幸いなことに、彼女は大学のアカウントを使えるからよかった」

「なるほどね、最近、迷惑メールの量が少なくなっていると思っていたんだ」

「私たちは、チャーハンと春巻を禁止しよう!」

「メディアは中国が共産主義だということを忘れているようだな。彼らはすべてを支配するんだ」

「米国でアリババをブロックすべきだ」

「グーグルは世界中で禁止されるべきだ。世界で最も危険な会社だから」






中国でGメールが使用不能、当局が規制強化か=「なるほど、最近は迷惑メールの量が減っていた」「グーグルを禁止すべき」―米国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a99891.html

まー世界の為にはいい事だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報