2014年12月25日木曜日

韓国の若者はリア充。クリスマスはモーテルで過ごす。

2014年12月24日、韓国紙・中央日報は、韓国の20~30代の男女250人を対象に、韓国の若者のクリスマス事情について、アンケート調査を実施した。



韓国人の若者250人にクリスマスのイメージについて尋ねたところ、69人が「特別な意味のない公休日」と回答し、50人が「友人と楽しむ日」、35人が「愛を告白する日」と回答した。クリスマスを「イエスが生まれた神聖な日」と答えた若者は68人で、119人は「友人と遊ぶ公休日」と答え、約2倍に上った。

また、10人中1人はクリスマスイブをモーテルなどの宿泊施設で過ごすと答えた。教会や聖堂で過ごすと答えた人は34人、会社で過ごすと答えた人は18人、コンサート会場は42人、酒場は5人だった。

この他、「クリスマスを一緒に過ごしたい人」は、スポーツ選手ではキム・ヨナ(59人)、政治家では朴槿恵(パク・クネ)大統領(24人)がトップだった。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「若い人たちはそうだろう。若い時にだけできる過ごし方をして、思う存分楽しんでほしい。結婚は早めにした方がいい」

「聖書には欲に溺れてはいけないと書かれている。モーテルに行く人は天国に行けない」

「韓国には牧師という大義名分を掲げてふざけた布教をして国民をだますプロテスタント教団がある」

「若者がキリストの誕生を祝って教会に足を運ぶことに感謝する。国の希望だ」

「偶像崇拝もせずにキリストをあがめて、韓国の先祖を祭ることさえ避ける人が、牧師だけをあがめる」

「韓国にはクリスマスに教会に行く精神疾患者がいるのか?プロテスタントの詐欺牧師に振り回されるかわいそうな魂」






韓国の若者、10%が「クリスマスイブはモーテルで過ごす」=韓国ネット「そんなやつは天国に行けない」「牧師という大義名分を掲げて…」
http://www.recordchina.co.jp/a99659.html


0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報