2014年12月20日土曜日

韓国が「中国の属国化」の苦悩に直面、経済発展は中国のおかげだが…―韓国紙

2014年12月17日、韓国紙・中央日報は「『中国のおかげ』と『中国のせい』」と題した記事を掲載した。韓国経済がこれほどの発展を遂げたのは中国のおかげと言える反面、韓国は過去に属国化された朝鮮王朝の苦悩に直面していると分析した。19日付で環球時報が伝えた。



韓国の免税店の規模は世界一を誇っている。また、ソウルの繁華街・明洞にある化粧品店は2年半で38店から127店へと激増し、ソウル市内のホテルは3年で45%(66店)も増加した。こうした発展は誰のおかげなのか?それはもちろん、中国人観光客の増加によるものだ。

90年代中期以降の韓国経済の発展は中国による部分が大きい。03年以降、韓国からの輸出は中国が米国に代わってトップとなった。金融分野においても中国の躍進は目覚ましく、韓国証券市場における中国の投資規模は米国と日本に次ぐ3位。エンタメ産業や企業の買収・合併(M&A)分野においても中国は大きな影響力を持っている。

このような強大な隣国を持つことは幸運だが、幸運と不幸が表裏一体の関係にあることもまた事実。「中国のおかげ」が一瞬にして「中国のせい」に代わってしまう。今まさにそれが進行している。

韓国の全国経済人連合会が発表した報告がこうした不安をさらに加速させている。韓国の10大輸出製品を8大産業に分類して世界市場における占有率を比較したところ、中国は6大産業ですでに韓国を上回っていることが明らかになった。造船や石油化学、石油精製、鉄鋼については言うまでもなく、韓国が世界に誇るスマートフォンや自動車の分野でも、世界市場における中国の占有率はすでに韓国を上回っている。

小説家ボク・ゴイル氏は「韓半島に垂れ込めた中国の影」と題した著書の中で、韓国のフィンランド化の可能性について触れている。ここで言うフィンランド化とは、フィンランドが隣国・旧ソ連(現在のロシア)の圧倒的な影響力の下で主権の侵害を受けながらも、非同盟中立の立場を堅持して東西両陣営の架け橋としての役割を果たし、存続し続けたことを指している。つまり、強大国への一方的な隷属ということではなく、対外環境に適応した弱小国の生き残り戦略という意味だ。

しかし、中国はますます強大になっており、韓国は今まさに、中国の属国になった朝鮮王朝の苦悩に直面している。






韓国が「中国の属国化」の苦悩に直面、経済発展は中国のおかげだが…―韓国紙
http://www.recordchina.co.jp/a99366.html

もう遅い。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報