2014年12月15日月曜日

新疆ウルムチで顔覆うイスラム衣装の着用禁止へ、民族紛争加速の可能性―米メディア

2014年12月11日、中国新疆ウイグル自治区のウルムチ市政府は公共の場で顔を覆う民族衣装の着用を禁止する規定が市の人民代表大会(議会に相当)で採択されたことを発表した。米ラジオ放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語サイトが伝えた。



イスラムテロ組織に対する懸念から、中国政府は宗教的な衣装に対する締め付けを徐々に強めている。中国では各地でイスラム独立派が爆破テロや襲撃事件を繰り返し起こしており、すでに数百人に上る死者が出ている。そうした中でのこの法案可決はウイグル人を刺激し、民族紛争を加速させる可能性もあると専門家は指摘している。

近年、中国当局は新疆ウイグル自治区における暴動を度々鎮圧しているが、それに応じてそれまで穏健だった人々の間でも伝統的なイスラム教の戒律を重んじる生活や服装を支持する人が増えている。





新疆ウルムチで顔覆うイスラム衣装の着用禁止へ、民族紛争加速の可能性―米メディア
http://www.recordchina.co.jp/a99042.html

これは民族運動激化するだろ。

ってかこれこそ、ISISの出番じゃないのか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報