2014年12月8日月曜日

ナチスを連想させたとする韓国のガールズグループPRITZ(プリッツ)、韓国で日本人に認定される。

2014年12月8日、韓国・中央日報は韓国のガールズグループの衣装が「ナチスを連想させる」として物議を醸したことについて「無知は言い訳にならない」と批判した。



先月、韓国のガールズグループPRITZ(プリッツ)が釜山で行った公演の映像が動画投稿サイトYouTubeなどで公開されると、「ナチスを連想させる」などと世界中のメディアが報じた。これに対し、PRITZの所属事務所は、「腕章の黒い十字架は『疎通』と『和合』を意味しており、ナチスはまったく関係ない」と主張した。

しかし、中央日報は、PRITZというグループ名が第2次世界大戦当時、英国軍がドイツ軍を指す一種のスラングであったFRITZとよく似ていることから、「単なる偶然」と主張するには無理があるとしている。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「知らなかったじゃ済まされない。図々しいやつらだ」

「歴史を知らないということかどれだけ恥ずかしいことか…日本人を見て学べ!」

「こっちも『無関心』で応えればいい」

「こんなグループのせいで韓国のイメージが悪くなった」

「欧州やアジアにけんかを売っているようなもの。所属事務所はもっと誠実に対応するべき」

「次は『慰安婦衣装』を着て登場してほしい」

「こんな恥知らずが韓国のグループだなんて信じられない。日本のグループじゃないの?」

「とりあえず名前を広めたかったんでしょ。目の前のことしか考えない韓国人らしい行動だ」






韓国ガールズグループのナチス風衣装「無知では済まない」=韓国ネット「日本人でしょ」「次は慰安婦衣装で」
http://www.recordchina.co.jp/a98715.html

見事に日本人認定されましたwwww

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報