2014年9月4日木曜日

錦織圭が96年ぶりの快挙!4強進出=韓国ネット「応援すべきだけど悔しい」「韓国テニスには夢のまた夢」

2014年9月4日、米国で開催中のテニス「全米オープン」の男子シングルス準々決勝で、錦織圭はスイスのワウリンカと対戦し、4時間の激闘の末に勝利。日本人選手として96年ぶりの4強入りを果たした。 


錦織の活躍は韓国でも注目され、ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「日本の選手が偉業を成し遂げた!」 
「本当に素晴らしい。ワウリンカに勝ったなんて」 
「男子テニスでアジア人選手が4強入りしたのは初めてじゃない?」 
「錦織選手は今年の初め、ナダルとも互角に戦った。当然の結果!」 

「日本がうらやましい。韓国人が4強に入る日は来るだろうか」 
「さすがの錦織もここまでだろうね。決勝戦の相手はジョコビッチだろうから」 
「4時間以上の熱戦で勝つなんてすごい。英語も流暢で言うことなし!インタビューで踊ってほしかった」 

「同じアジア人として応援するべきなんだけど…なんか悔しい。でも本当にうまい」 
「韓国でもテニスは大人気なのに、なんでこういう選手が現れないの?」 
「韓国テニスには夢のまた夢」

錦織圭が96年ぶりの快挙!4強進出=韓国ネット「応援すべきだけど悔しい」「韓国テニスには夢のまた夢」

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報