2014年9月7日日曜日

旭日旗に「大日本帝国海軍」のTシャツ、泰山の登山イベントで中国男性が囲まれる・・「絶対に許せない」「国籍変えろ」「死ななかっただけ良かったと思え」

中国メディア・都市快報は6日、同日開かれた泰山登山フェスティバルで天津市に住む30歳前後の男性が、「大日本帝国海軍」と書かれたTシャツを着ていたために市民に取り囲まれたと中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上で報じた。



この男性は「自分は日本で育った。日本ではこうやって着ていた」と釈明。シャツは中国人の運動選手によってはぎ取られたという。



このニュースについて、中国のネットユーザーは以下のように反応した。

「はぎ取られただけで済んだだけマシ。絶対に許せない

「ズタズタにされなかったのは最大限の寛容。ナチス柄を欧米で着たら、殺されるぞ」

「日本で着てろよ。わが国に来て見せつけるなんて、死ななかっただけ良かったと思え

「中国にいるのだから、明らかにふさわしくない」

「在日中国人はどういう教育をしているのか」

「なんで日本に送還しないのだ」

「もう中国に戻ってくるな。国籍も変えろ。お前みたいな道徳心のない国民は、中国にはいらない


男性に対する罵詈雑言が飛び交う一方で、以下のような意見も見られた。

「街のスリすら咎められない民族が、『日本は滅べ』と叫ぶときだけ勇気を出す。生きている同胞の苦しみなど無関心な民族が、どの面下げて『死んだ同胞のことは忘れない』などと言うのか」

「何を着ようが彼の自由。このような騒動には閉口する」

「汚職役人に対して市民がこのような行動を起こせば、国に希望が生まれるのに」


旭日旗に「大日本帝国海軍」のTシャツ、泰山の登山イベントで中国男性が囲まれる・・「国籍変えろ」「何を着ようが彼の自由」

1 件のコメント:

  1. 旭日旗だけならよかったのに・・・・という問題でも無いか。

    返信削除

今日のトレンド

倒産情報