2014年9月7日日曜日

錦織圭、日本人として初の四大大会決勝へ=「日本人は嫌いだ」「マイケル・チャン(張徳培)はなぜ中国人選手を指導しないんだ?」 ―中国ネット

2014年9月6日(現地時間)、米国で開催のテニス「全米オープン」の男子シングルス準決勝で、錦織圭が世界ランキング1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-4、1-6、7-6、6-3で破り、四大大会で日本勢初の決勝進出を果たした。 


中国メディア・騰訊体育は「試合結果だけを聞けば番狂わせと思うかもしれない。だが試合を見た人なら、錦織は技術とメンタルでともに、世界ランク1位を圧倒していたことが分かるはずだ」と伝えた。 

錦織は8日(同)の決勝で、マリン・チリッチ(クロアチア)と対戦する。 



錦織の快挙に、中国のネットでも称賛の声が上がっている。 

「このまま優勝だ」 
「番狂わせ?そんなことはない。王者の風格が感じられた」 
「日本人は嫌いだが、彼は認めざるを得ない」 
「勝つべくして勝った」 

「アジア人としても初の決勝進出」 
「スポーツに国境はない。アジアのためにも優勝を」 

「(かつて破局を報じられた)福原愛はきっと後悔してるだろ」 

「マイケル・チャン(張徳培、中国系米国人の元テニスプレーヤー。現在は錦織のコーチ)はなぜ中国人選手を指導しないんだ?」 
「錦織の快挙に日本人は興奮・熱狂してるんだろうな。俺たち中国人にも、いつかそんな日が来るのだろうか…」

錦織圭、日本人として初の四大大会決勝へ=「アジアに栄冠を」「王者の風格」―中国ネット

1 件のコメント:

  1. 錦織クン凄いよね。中国では半々みたいだけれども、影響力も大きい。

    返信削除

今日のトレンド

倒産情報