2014年9月4日木曜日

習近平主席が日本の歴史認識を批判=韓国ネット「日本に高圧的な態度!うらやましい」「中国と手を組もう」

2014年9月3日、中国政府が「抗日戦争勝利記念日」に開いた座談会で、習近平(シー・ジンピン)国家主席は「侵略の歴史を否定、歪曲することは許されない」と日本の歴史認識を批判した。日中首脳会談に意欲的な日本の譲歩を引き出したい狙いがあるとみられている。 


この発言は韓国でも注目され、ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。 

「中国がうらやましいと感じる時!日本相手に高圧的な態度!」 
「明日はジャージャー麺に酢豚を食べよう」
「こういう時は中国と手を組まなきゃ」 

「結局、中国の力にはかなわず、日本は中国だけに謝罪するに違いない」 
「親日派であふれた韓国政府。いつになったら中国のように堂々と戦えるんだろう?」
「さすがだ!米国にオバマがいるなら中国には習近平がいる」 

「韓国が100回批判するよりも、中国が1回批判する方が効果的だ」 
「習近平かっこいい!それに比べ韓国は、国会議員が『国民、国民』と言いながら、頭では『今晩は何食べようか?』と考えているような国だ」 

「中国の歴史歪曲は?自国がすればロマンスで日本がすれば不倫になるのか?」 
「中国の歴史歪曲も決して許されない」 
「中国の影響力で日本が韓国に謝罪することだけはあってほしくない。韓国経済が成長し、日本が自ら頭を下げる日が来ますように」 
「中国も信じられない。まずは自分の国をどうにかして」

習近平主席が日本の歴史認識を批判=韓国ネット「日本に高圧的な態度!うらやましい」「中国と手を組もう」

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報