2014年9月4日木曜日

錦織圭、96年ぶりの4強=「日本男子テニスはアジアをリード」「アジア人でも歴史は作れる」―中国ネット

2014年9月4日、米国で開催のテニス「全米オープン」の男子シングルス準々決勝で、日本の錦織圭はスイスのワウリンカと対戦。4時間の激闘の末に錦織が勝利し、日本人選手として96年ぶりに4強に駒を進めた。中国は世界トップクラスのテニス選手、李娜(リー・ナー)を有していることもあり、テニスに注目する人は多く、ネットでは錦織の大活躍にも多くの反応が寄せられている。 


「おめでとう。アジア人の身体能力は不利な点もあるが、歴史を作ることは可能。マイケル・チャン(張徳培、中国系米国人の元テニスプレーヤー。現在は錦織のコーチ)が良い例だ」 

「日本の男子テニスはアジアをリードしている」 
「さすがマイケル・チャン!名将は優秀な人材を生み出すということだ」 
「2試合連続のフルセット。体力・精神力ともに素晴らしい」 

「おめでとう。韓国人選手でなくて本当に良かった」 

「素晴らしい!日本にも李娜のような選手が現れることを願っている」 
「中国の男子テニスは不甲斐ないな」 
「アジアを代表する選手がまたも強豪を撃破。前途洋洋だね」 
「驚くほどの事ではない。彼はもともとそれだけの実力を持っていた」

錦織圭、96年ぶりの4強=「日本男子テニスはアジアをリード」「アジア人でも歴史は作れる」―中国ネット

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報