2014年12月10日水曜日

中国の日本侵略進行中 中国ネット「日本の公用語が中国語なる」

2014年12月9日、中国のネットユーザーは「在日中国人の数が日本人の数を上回ったら日本はどうなるのだろうか。私は決してありえない話しではないと思う」とのコメントを掲載し、さまざまな意見が寄せられている。



「銀座に行けば日本人より中国人の方が多いということが分かる。日本で中国人はすでに数的に優勢なんじゃない?」

「そんなこと日本政府が許すわけがない。仮に起きたとしても、日本人と中国人の考え方は違うのだから両国の衝突が激化するだけ。そうなったら日本での反中活動は活発になる」

「中国人でも、日本での生活が長くなると日本人のようになる」
「確かに、在日中国人は中国人をバカにしている」

「日本に行く中国人の多くは留学や仕事が目的。移民する人は少ないため、スレ主が言うような状況は発生しないと思う」

「シンガポールのように、日本の公用語が中国語なるかもしれない」
「在日中国人が日本で数的な優勢になることはない。中華街が増える程度だろう」






日本で中国人の数が優勢になったら?「日本の公用語が中国語に」「在日中国人は“日本人”」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a98817.html

与太話と侮るなかれだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報