2014年12月5日金曜日

【休戦中の国がまさかの平和上位】 韓国発表の世界平和指数、日本・米国などの大国は低評価 ―韓国メディア

2014年12月3日、韓国・聯合ニュースは、韓国の世界平和フォーラムが発表した「世界平和指数」で、中国が105位だったと報じた。4日付で環球時報(電子版)が伝えた。



同指数は143カ国を対象に、政治や軍事、外交、社会、経済などを評価。上位5カ国はいずれも欧州国家で、ドイツが2年連続で首位に選ばれた。韓国は47位で、北朝鮮は順位を7つ上げ、110位となった。北朝鮮の順位上昇に同フォーラムは、「北朝鮮国内の状況が改善されたわけではない。北朝鮮より評価が低い国が増えただけ」と述べている。

報道によると、世界の大国の多くが同指数で低い評価となっている。米国は74位で、中国は105位、ロシアは109位で、日本は97位。最も評価が低かったのはシリアだった。







韓国発表の世界平和指数、日本・米国などの大国は低評価=中国は日韓に後れを取る―韓国メディア
http://www.recordchina.co.jp/a98551.html

またお得意のファンタジーか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報