2015年1月29日木曜日

ソウルの日本大使館前で元慰安婦の追悼式、約300人が参加=韓国ネット「安倍首相はどんな気持ち?」「日本に明るい未来はない」

2015年1月28日、韓国・朝鮮日報によると、韓国・ソウルの日本大使館前で、26日に亡くなった旧日本軍元慰安婦ファン・ソンスンさんの追悼式が開かれた。


追悼式には約300人が参加。式に参加した元慰安婦のキル・ウォンオクさんは「慰安婦被害者が全員死んでしまう前に日本政府に謝罪してほしい。そして、私たちはチョウのように飛んで、安らかにこの世を去りたい」などと語った。

韓国政府の認定を受けた慰安婦被害者は238人。ファンさんの死去により、生存者は54人となった。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「慰安婦問題への関心がどんどん薄れてきたことが悲しい」

「安倍首相はこのニュースをどんな気持ちで見ているのだろう?」

「日本政府は必ず反省し、謝罪してくれると信じている」

「慰安婦問題を解決しない限り、日本に明るい未来はない」

「慰安婦被害者たちは高齢で、多くの時間は残されていない。言葉だけでなく、日本製品不買運動など、行動で訴えるべきだ」

「ドイツと日本は同じ先進国なのに、歴史に対する姿勢はどうしてこんなに違うの?」

「過去は過去として受け入れよう。被害者のおばあさんたちはかわいそうだと思うけど、慰安婦問題によって日韓関係が悪化することの方が問題だ」(翻訳・編集/堂本)






ソウルの日本大使館前で元慰安婦の追悼式、約300人が参加=韓国ネット「安倍首相はどんな気持ち?」「日韓関係悪化の方が問題…」
http://www.recordchina.co.jp/a101528.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報