2015年1月29日木曜日

日本の国民健康保険制度に中国のネットユーザーも驚き!=「これなら喜んで税金を払う」「日本がうらやましい」の声―中国ネット

2015年1月26日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本の国民健康保険制度について紹介する投稿があった。



投稿者は、「日本の健康保険は医療費の7割を政府が負担し、手続きも極めて簡単。どこの病院でも使用でき、海外の病院で治療しても保険給付が受けられる。大病の場合は自己負担額が一定額を超えると保険給付が受けられる。日本はお金があるし、ほとんどの税金を国民のために使用しているからだ」と紹介した。

これに対して中国のネットユーザーからは日本をうらやむコメントが多く寄せられた。

「本当に日本がうらやましい。そして中国という国が嫌になる」
「中国よりも日本の方が良いと言わざるを得ない」
「これが(日中の)差だよな」

「わが国もお金はあるが、ほとんどのお金が役人と既得権益集団に使われてしまっているのだ!」
「俺たちの税金は、まず指導者の美食と遊びのために使われ、次に外国要人の美食と遊びのために使われる」
「わが国には保険給付が無限に受けられる人も一部にはいますけどね」

「こういうシステムなら、俺も喜んで税金を払うのだが」
「でも、(日本人は)国民健康保険料をいくら支払っているのか知っているのか?」
「中国は人口が多すぎるから、日本の方法を中国でやったら大変なことになる」
「それで日本政府の負担が大きくなって、消費税を上げなければならなくなったのか」(翻訳・編集/山中)






日本の国民健康保険制度に中国のネットユーザーも驚き!=「これなら喜んで税金を払う」「日本がうらやましい」の声―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a101380.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報