2015年1月28日水曜日

イスラム国人質事件で、コラージュ画像が拡散=欧米ネットユーザー「テロリズムに対する日本人なりの抗議メッセージ」「ユーモアは恐怖に勝つ」

2015年1月26日、イスラム国の日本人人質事件について、インターネット上にコラージュ画像が拡散していることが米ニュースサイトで紹介され、欧米のネットユーザーがコメントを寄せている。



米ニュースサイト「バズフィード」は、イスラム国による日本人人質事件について、日本のインターネット上でさまざまなコラージュ画像が拡散していると報じた。コラージュ画像は、イスラム国に対する抗議を表現したものだと伝える記事に、欧米のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「ユーモアは恐怖に打ち勝つ!こういう日本が好きだ!そのかっこ良さをいつまでも持っていてくれ」

「これは日本人なりの『くそっ!私たちはテロリズムに屈しない』ということを表現したものだ。イスラム国の殺害予告を軽視しているのではない。文化の違いだ。日本人は悲惨な状況からメッセージを伝えようとしている」

「日本人は殺害予告を軽く見ているのではない。イスラム国に対して『お前たちのやっていることはお笑い草だ。お前たちは卑怯者で、全く敬意に値しない存在だ』というメッセージを表現しているんだ」

「英国人もこういうことをやってきているよ」

「コラージュ画像を否定する人たちというのは、イスラム過激派の人間だと思う」

「こういう画像を見て不快に思う人がいることも理解できる。人質と近い関係にある人は特にそうだと思う。ユーモアには恐怖を払いのける力もあるし、他人を屈辱的な気持ちにさせる力もある」

「これはひどいと思う」

「今は子供っぽいことをしているべき時ではない」

「面白いとは思わない。人質は命の危険にさらされているんだし、彼らの生死をからかうようなことをしても何の助けにもならない」(翻訳・編集/蘆田)






イスラム国人質事件で、コラージュ画像が拡散=欧米ネットユーザー「テロリズムに対する日本人なりの抗議メッセージ」「ユーモアは恐怖に勝つ」
http://www.recordchina.co.jp/a101348.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報