2015年1月25日日曜日

GDPで日本の2倍となった中国は本当に日本を超えたのか?「だったらなぜ釣魚島を奪いにいかない?」―中国ネット

2015年1月23日、中国の掲示板サイトに、「GDPで日本の2倍の中国は日本よりどれくらい進んでいるのか?」と題するスレッドが立った。



スレ主は、中国統計局が公表した2014年度の中国の国内総生産(GDP)が10兆ドル(約1185兆円)を超えたことで、日本の4兆8000億ドル(約568兆8000億円)と比べて2倍以上となったことに言及。その上で「スポーツ、軍事、大学の数、自動車の生産量、宇宙工学、家電などの分野で日本を大きく超えた」と主張した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本は没落したからな。もうおしまいだよ」
「最も進んでいる分野は、わが国は独立した主権国家であるということ。日本には米軍が駐留しているので真の主権国家ではない」

「でも中国は貧富の差がね…」
「進んでいようといまいと、君が貧しいことに変わりはない。余計なことに口出しする必要なし」
「人民の生活レベルがすべてを説明している」

「意見があるなら一人当たりで比べろよ。あるいは医療や教育とか。国内総生産なんて庶民とは何の関係もない」
「人口が違うからな。比べようがないだろ」
「でもやっぱりわが国は発展途上国」

「経済も軍事も国力も日本より上。ならばなぜ釣魚島(尖閣諸島の中国名)を奪いに行かない?なぜいつも抗議だけなのだ?」
「なんで小日本と比較しなきゃなんだ?」
「国民の民度では少なくとも日本に半世紀は遅れていますが」(翻訳・編集/山中)






GDPで日本の2倍となった中国は本当に日本を超えたのか?「だったらなぜ釣魚島を奪いにいかない?」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a101253.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報