2015年1月28日水曜日

【中国食文化崩壊】 <ボイス>中国食品に広がる不安、高額な日本米が人気に=中国大学教授が「怒りを禁じえない」とコメント

2015年1月26日、豪紙シドニー・モーニング・ヘラルドによると、中国で販売されている日本米は中国産の10倍近い値段がするが、国内の土壌や水質の汚染を懸念し、日本米を求める中国人が増えている。この現状に雲南財経大学の顧秀林(グー・シウリン)教授は、意見をネットに投稿した。



顧教授は、「報道によると、欧州の粉ミルク、ニュージーランドのミルクに続き、中国人は競うように日本米を買っている。これは国産米の安全に対する信頼が低下しているためだ。近年中国では米の遺伝子組み換えが問題となっており、遺伝子組み換えは小麦にも及ぶと伝えられている。金持ちは高値で販売されている外国のコメを買えるだろうが、貧しい人はどうすればいいのだ?。私は怒りを禁じえない」とコメントした。(翻訳・編集/内山)






<ボイス>中国食品に広がる不安、高額な日本米が人気に=中国大学教授が「怒りを禁じえない」とコメント
http://www.recordchina.co.jp/a101463.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報