2015年1月22日木曜日

<サッカー>ウズベク監督「韓国は怖くない」=韓国ネット「しゃべり過ぎ」「中国に負けて正気を失ってるのか?」

2015年1月22日、韓国紙・朝鮮日報によると、サッカーのアジア杯準々決勝で韓国と対戦するウズベキスタンのミルジャラル・カシモフ監督が「韓国が強いのは間違いないが、怖くはない」と発言した。




同紙によると、カシモフ監督は21日の記者会見で「韓国はスピードがあり、今大会は全ての試合で無失点に抑えているが、私たちがその記録を止めるだろう。韓国との試合は楽しみだ」と述べ、余裕を見せている。カシモフ監督は選手時代から韓国とたびたび対戦しており、選手にもKリーグでプレーする「知韓派」が多いという。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「2-0で韓国の勝ち」

「韓国にはキ・ソンヨンとイ・スンミンがいるからね」

「ウズベキスタンには悪いが、韓国は無失点優勝に挑戦せねばならないのだ」

「韓国市民『ウズベキスタンが弱いのは間違いないが、怖い』」

「日本とイラン以外は特に緊張しない」

「べらべらしゃべり過ぎ。不安なんだろうなあ」

「カシモフ監督と朝鮮族の外見が似ている気がするのだが」

「ウズベキスタンはチャンケ(※中国人を指す)に絞られて正気を失っている」(※グループリーグで中国に敗れたことをやゆしている)

「イ・グノのダイレクトパスにイ・スンミンの華麗なシュートで勝つ!」

「韓国は優勝だ!がんばれ!」(翻訳・編集/久保)






<サッカー>ウズベク監督「韓国は怖くない」=韓国ネット「しゃべり過ぎ」「中国に負けて正気を失ってるのか?」
http://www.recordchina.co.jp/a101121.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報