2015年1月28日水曜日

大阪の戦争博物館から『侵略』が撤去されることに 中国ネット「もう我慢ならない」「恥知らず」 

2015年1月26日、中国メディアの人民網は、大阪市にある戦争博物館が日本の侵略に関連する展示を撤去し、南京大虐殺を「南京事件」と描写するにとどまることを伝えた。



人民網は、「大阪市にある戦争博物館『大阪国際平和センター』は、4月のリニューアル・オープン時に日本の侵略に関連する展示を撤去し、解説も日本軍による南京事件、重慶爆撃では多数の住民が犠牲になったとの説明にとどまる」と伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからは反発のコメントが続々と寄せられた。

「日本人はいつもこうだ!もう我慢ならない!」
「強く出るしかないだろう。日本人とは話し合いにならない」
「中国も日本で同じような事件を起こすべきだろう。目には目、歯には歯を!」

「中国も東京事件を起こそう」
「どうやら抗日勝利の大閲兵が必要なようだ」
「日本人が何をするかは制御できないのだから、中国人が何をするかの方が重要だ」

「これが鬼子(日本人の蔑称)のいう平和友好ですか」
「日本人には少しの誠意もない。なんという恥知らず」
「歴史を認められない民族だな」

「だったら、広島・長崎の原爆も米国の核実験事件にしろよ。恥知らずめ」
「小日本はどんなに粉飾しても、中国で犯した悪行を拭い去ることはできない!」
「日本はずっと歴史を認めていないのかと思っていたら、最近始まったことだったんだね」(翻訳・編集/山中)






大阪の戦争博物館から『侵略』が撤去されることに「もう我慢ならない」「恥知らず」と非難の声が多数―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a101374.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報