2015年1月26日月曜日

中国の言論自由度は世界一なのか?「確かに自由すぎ」「家の外で共産党が嫌いだと叫んでみたら?」と賛否両論―中国ネット

2015年1月25日、中国の掲示板サイトに「俺は中国の言論自由度は世界一だと思う」と題するスレッドが立った。



スレ主は、中国のネット上では隠語を駆使して多くのネットユーザーが中国批判をしていることを念頭に、「中国では自国のことをののしり、自国の民族を辱めるようなことを言っても逮捕されない。これが西洋だったらとっくの昔に逮捕されている」と主張した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「確かに自由すぎる。だからネット上には西洋賛美者が多いのだ」
「その通りだ。中国に言論の自由がなかったとしたらネット上の売国奴の声などとっくの昔に消えさっているだろう。ネット上に溢れる反対の声こそが中国に言論の自由があることを示している」

「そりゃ自分の家の中で罵っているなら大丈夫さ。市政府の建物に行って試してみたら?」
「だったら家の外に出て『共産党が大嫌いだ!俺は新しい党を作る!』と叫んでみな。果たして君が殴り殺されないかどうか」

「メディアの自由こそが真の自由だろ」
「言論の自由というなら、まずはメディアを束縛してはならない。メディアは独立しているべき」

「ある人たちが言うほど自由の制限はひどくもないし、かといって完全に自由でもない。でも10年前、20年前と比べたらずいぶん良くなったと思う」
「中国は党と政府を賛美する自由という面では最も素晴らしい国だと思うね。たとえそれが常識はずれの全く理に適っていない賛美であってもだ」(翻訳・編集/山中)







中国の言論自由度は世界一なのか?「確かに自由すぎ」「家の外で共産党が嫌いだと叫んでみたら?」と賛否両論―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a101309.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報