2015年1月31日土曜日

韓国・朴大統領の隠し子報道、情報流したメディア編集者に54万円の罰金刑―韓国メディア

2015年1月29日、韓国・聯合ニュースによると、朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領に関する虚偽の報道を行ったとして、同国のインターネットメディアの編集者に500万ウォン(約54万円)の罰金刑が下された。同日付で環球網が伝えた。




同編集者は12年の大統領選挙前に、当時の候補者だった朴大統領について、宗教団体総裁を務めた崔太敏(チェ・テミン)牧師との間に隠し子がいると報じ、さらに朴大統領の実弟の朴志晩(パク・チマン)氏について「殺人を教唆した」と伝えたことで起訴されていた。

判決について裁判所は、「事実を確認せずに根拠のない情報を数度にわたって流し、被害者の名誉を傷つけた」と指摘。公正な選挙を妨げた疑いがあるとも述べている。(翻訳・編集/野谷)






韓国・朴大統領の隠し子報道、情報流したメディア編集者に54万円の罰金刑―韓国メディア
http://www.recordchina.co.jp/a101610.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報