2015年1月22日木曜日

「日本は120年前に尖閣諸島を盗み取った!真相をツイッターでシェアしよう」=官製メディア 中国ネット「日本は中国のもの」 

2015年1月21日、人民日報は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「120年前に日本は釣魚島(日本名:尖閣諸島)を盗み取った!今日、我々はその真相を微博でシェアする」と題する書き込みを行った。



書き込みは、「1894年、中国は日清戦争に敗れ、1895年1月14日に日本政府は秘密裏に釣魚島を『日本の領土に編入』。1月21日に日本の内閣は再び釣魚島の占領を決定した。釣魚島は中国固有の領土で、日本は“占領”、つまり盗み取ったのだ!歴史を忘れてはならない。釣魚島は中国のものだ!」という内容。これについて、ネットユーザーからは多数のコメントが寄せられている。

「日本は中国のもの」
「力があるなら取り戻せばいい。一日中ブツブツ言っていて何になる?」
「中国のものだと分かっているなら、なぜ奪い返さない?」

「『微博で真相をシェア』?恥ずかしいタイトルだ。私はこんなものシェアしたくない」
「中国人なら誰もが知っている事実だ。何度もほじくり返す必要はない。自信があるなら日本に行って広めてこい」
「中国は戦勝国で、日本が占領した領土は中国に返還されなければならない。しかし、米国は釣魚島を日本に与えた。米国は世界のボス。どうしようもない」

「ロシアが奪い取った領土は返せと言わないのか?」
「120年前に失った土地は数多い。それらの土地のことを口に出す勇気があるのか?」
「ちょっとお聞きしますが、私の家は私の『固有の領土』ですか?」






「日本は120年前に尖閣諸島を盗み取った!真相をツイッターでシェアしよう」=官製メディアの書き込みに批判の声―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a101028.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報