2015年1月13日火曜日

<サッカー>アギーレ監督「パレスチナは弱くない、中国と引き分けた」=中国ネット「それは弱いことの証明」「中国にも4-0で勝てるって?」

2015年1月12日、新浪体育は、サッカーアジア杯の初戦でパレスチナに4-0で勝利した日本代表のアギーレ監督の試合後のコメントを紹介した。



アギーレ監督は「この試合で最も良かったのは結果と勝ち点3を取れたこと。楽なゲームではなかった。強風のため、両チームにとってプレーしにくかった」とした上で、「現代サッカーで4-0で勝利するのはあまりないこと。結果には喜ぶべきだ」とした。

また、「日本とパレスチナに差があったように思われるかもしれないが、難しいゲームだった。彼らは中国やウズベキスタンと親善試合をしているが、中国には引き分け、ウズベキスタンには1点しか与えなかった。決して弱いチームではない相手に、これだけのスコアで勝つのは簡単ではない」と強調した。

これに対して、中国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「つまり、『日本は中国にも4-0で勝てる』ってことだな」

「実力差。日本はどんな相手と戦っても、このスコアで勝てる力がある」

「日本と中国がベストメンバーで戦ったら、3点差くらいが妥当なところ。日本のサブと中国のサブが戦ったら4点差くらい。日本の高校サッカーを見れば、その差がわずかでないことが分かる」

「日本と中国が実際に戦っても、毎回、そんなにやられているという印象はない」

「『パレスチナは中国と引き分けた』というのは、つまり弱いことの証明だろう」

「発言が的を射ている」

「この監督は賢い。発言が謙虚で、破れた相手を気まずくさせないように、また自分たちがおごらないようにしている。こういう監督は好きだ」

「日本が優勢だということは認めざるを得ない。これは日本が長きにわたって若手の育成に力を注いできた結果だ。私たちは相手に学ばないといけない」

「日本は頭を使って(考えて)サッカーをしている。中国が頭を使うのはヘディングだけ」





<サッカー>アギーレ監督「パレスチナは弱くない、中国と引き分けた」=中国ネット「それは弱いことの証明」「中国にも4-0で勝てるって?」
http://www.recordchina.co.jp/a100576.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報