2015年1月13日火曜日

中国人が夢中になっている抗日ドラマ「二炮手」、その“効果”は絶大、「日本人はみんな悪いやつだ!」と話す6歳児も―中国

2015年1月13日、中国で昨年12月24日から放送開始となった抗日ドラマ「二炮手」が、ファン・ビンビン(范冰冰)主演の話題の時代劇「武則天伝奇」に次いで、各局で高視聴率を記録している。



当時の服装や家屋、使用する武器などの時代考証を忠実に行い、日本兵のセリフはすべて日本語などリアリティーを追求したといわれている「二炮手」には、素手で日本兵を引き裂くような荒唐無稽さはない。だが、ストーリーは「親兄弟や仲間、上司を日本人に虐殺された若者が八路軍に参加し、日本軍と戦い、最後には勝利する」というおなじみのものだ。

ここ数年、「SF映画かアニメのようだ」と批判される抗日ドラマが多かっただけに、現実味を帯びた「二炮手」は多くの視聴者の心をつかんだ。ドラマの放送時間になると、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)は「二炮手」に関する書き込みでいっぱいになる。そのほとんどがドラマに登場する日本兵への怨嗟の声だ。

「日本人が憎い」
「なんてひどいことを!」
「もう日本人なんか見たくない!」

というコメントが殺到するなか、あるユーザーは

「親戚の6歳になる女の子に『米国人にもロシア人にも良い人はいるよね。でも日本人は悪いやつばっかり!だってテレビで毎日中国人を殺してるもん!』と言われて、言葉が出なかった」

と書き込んでいたのが印象的だった。





中国人が夢中になっている抗日ドラマ「二炮手」、その“効果”は絶大、「日本人はみんな悪いやつだ!」と話す6歳児も―中国
http://www.recordchina.co.jp/a100590.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報