2015年1月20日火曜日

予想を裏切る“わがまま”中国代表、決勝リーグ進出にサッカーファンは悲喜こもごも―米華字紙

2015年1月19日、環球網によると、米華字紙・僑報は16日、「わがまま中国サッカー代表チームはどこまでやれる?」と題した記事を掲載した。中国の男子サッカー代表チームは18日、AFCアジアカップの予選リーグにおいて、2対1で北朝鮮を下して3連勝をあげ、決勝リーグ進出を決めた。



サッカーは中国でも人気が高く、国民のスポーツ振興の中心的存在でもある。中国は世界で最も人口が多いため、サッカーファンの数も世界で最も多いが、代表チームの勝敗は今ひとつで、「眠れる巨人」とまで言われる。ランキング100位前後をさまよう中国代表に、中国人ファンは悲喜こもごもだった。

ところが、今大会での中国代表は過去10年にわたる沈黙とは打って変わってめざましい活躍を見せており、メディアからは「眠れる巨人が目を覚ました」とほめちぎられている。2013年大会では1対5でタイに惨敗して恥辱とまで言われ、今大会前でもどのメディアも中国代表の活躍はまったく予想していなかったが、予想を大きく裏切る活躍は「わがまま」とさえ評されている。






予想を裏切る“わがまま”中国代表、決勝リーグ進出にサッカーファンは悲喜こもごも―米華字紙
http://www.recordchina.co.jp/a100943.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報