2015年1月19日月曜日

中国による北朝鮮への援助、30年間で1000億ドルに=中国ネット「これこそ売国奴」「どうりで金正恩は太っているわけだ」

2015年1月15日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、中国による北朝鮮への援助が過去30年間で1000億ドル(約17兆円)に上ることを指摘する投稿があった。



投稿者は、韓国メディアによる過去の報道について言及し、中国の対北朝鮮政策に変化があることや、30年間で合計1000億ドルもの援助を行ってきたことについて紹介した。

これに対して中国のネットユーザーからは不満の声が続出した。

「中国国内に援助の必要な人がたくさんいるのに、北朝鮮を援助するとは政府はどうしちゃったんだ?」
「中国にはご飯が食べられず、学校にも行けない子供がたくさんいるのに、なんで他人を助けられるんだよ」
「国を愛していないわけではないが、この国には失望する。お金があるのに自国の人間のことを放っておくのかよ」

「これこそ売国奴じゃないか!」
「中国はお金を持っているのか?中国にはお金がない人が多くて貧富の差が大きいというのに、指導者たちは目が見えないのか?他人を援助する前に自国の必要から考えろよ!」
「クラスでビリから2番目の子がビリの子に勉強を教えてあげる。面白い光景ですね」

「北朝鮮は感謝などしないよ」
「30年で1000億ドルはそんなに多い額ではないけど、金正日(キム・ジョンイル)も金正恩(キム・ジョンウン)も言うことを全然聞かないのだから、援助する価値がなかったよね」
「どうりで金正恩はあんなに太っているわけだ…」






中国による北朝鮮への援助、30年間で1000億ドルに=中国ネット「これこそ売国奴」「どうりで金正恩は太っているわけだ」
http://www.recordchina.co.jp/a100775.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報