2015年1月10日土曜日

ジャッキー・チェン息子の懲役6カ月に「軽すぎ」の声、「父がいれば弁護士は不要」―中国

2015年1月9日、ジャッキー・チェンの息子で俳優のジェイシー・チャン(房祖名)に懲役6カ月の実刑判決が下ったことで、中国のネットユーザーからは「軽すぎる」「絶対に裏がある」と不満の声が聞かれている。聯合報が伝えた。


ジェイシー・チャンは昨年8月、大麻使用のため北京公安局に身柄を拘束された。翌月に逮捕され、先月22日には他人に薬物使用を教唆した罪で起訴された。北京市東城区の裁判所は9日、懲役6カ月と罰金2000元(約3万8000円)の実刑判決を言い渡した。

ジェイシー・チャンについては2年以上の実刑判決の可能性が高いと言われていたが、実際に言い渡されたのは6カ月。自宅マンションに警察を招き入れたことが、「自首」と見なされ減刑につながったとみられている。この判決についてネットユーザーからは不満の声が聞かれている。

「父親が動いたとしか思えない」というのが、反発するネットユーザーの一致した意見だ。このほか、「まるで筋書きが用意された芝居のような裁判」「あの父親がいれば弁護士は不要だ」「一般人ならこんなに軽いわけがない」「明らかに政治絡みだ」「丸刈りでもなく、受刑者服でもなかったのはなぜだ」といった声が聞かれている。

ジェイシー・チャンのマネジャーによると、上告はしないという。このため、8月半ばからの未決勾留日数を差し引いて、残り約1カ月で釈放されることに。中国メディアでは2月13日に釈放され、旧正月は自宅で迎えられることを報じている。






ジャッキー・チェン息子の懲役6カ月に「軽すぎ」の声、「父がいれば弁護士は不要」―中国
http://www.recordchina.co.jp/a100463.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報