2015年1月10日土曜日

韓国ロッテリアの新商品「ラーメンバーガー」に、「次はキムチバーガー?」―中国ネット

2015年1月9日、韓国ロッテリアが新商品として1月6日から発売を開始した「ラーメンバーガー」が中国のネット上で話題になっている。韓国での評判は上々のようだが、中国のネットユーザーの反応は「食べたくなった」「気持ちが悪い」「次はキムチバーガー」など、さまざまだ。



ラーメンバーガーは、バンズの代わりに焼いた麺で鶏ムネ肉やメキシカンペッパーなどの具材を挟んだ商品。

韓国紙・朝鮮日報などによると、6日から限定50万食を販売し、価格は単品が3400ウォン(約360円)、セットでは5400ウォン(約580円)だ。ロッテリア関係者は「従来の常識を覆す全く新しい試み」と胸を張り、消費者の反応によっては定番商品とすることも検討するという。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、投稿者が「新たな暗黒料理の誕生―ロッテリアがリリースしたラーメンバーガー」と、写真付きで紹介。

これを見た中国のネットユーザーは興味津々の様子で
「ずっと見ていたらとても食べたくなった」
「なかなかおいしそうじゃないか」
「これは韓国人にはウケるに違いない」
「インスタントラーメン好きがこの境地まで来たか」
などのコメントが集まった。

その一方で
「なんだか気持ちが悪い」
「吐きそうになる」
「小さい虫がいっぱい乗っかっているような感じで気持ちが悪い。瞬時に食欲が失せる」
「ものすごく油っこい感じがするな」
など、“酷評”する意見も。

評価とは別に
「ライスバーガーと同じようなものだろ」
「次はキムチバーガー、そしてジャージャー面バーガーが出てくるのだろう」
「日本人だって焼きそばパンが好きなくらいだからな」
などの見方もあった。

韓国メディアによると、このラーメンバーガーに関しては韓国で活躍するフランス人タレントが、自身のツイッターで「2カ月前に僕が開発したラーメンバーガーが、どうしてロッテリアで発売されているの?僕の許可も取らずに」と主張して“乱入”。

韓国のネットユーザーから
「日本ではとっくの昔に売られていた」
「こんな恥ずかしい発言をする人は韓国に必要ない。早く自分の国に帰って」
「韓国人は『元祖』や『開発』という言葉に敏感だ。たとえ冗談でも、大騒ぎになるって知らなかった?」
などと非難の“集中砲火”を浴びている。






韓国ロッテリアの新商品「ラーメンバーガー」に、「次はキムチバーガー?」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a100408.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報