2015年1月10日土曜日

中国ネットの驚きの回答!中国でセーラー服が採用されないのは「鬼畜のような校長が多いから」「校長が自分を抑えられなくなるから」

2015年1月8日、中国の掲示板サイトに、日本の学校はセーラー服が制服なのに、中国の学校はジャージが制服である理由を尋ねるスレッドが立った。



スレ主は、「日本のセーラー服は清楚でかわいいのに、なんでわが国の女子学生はセーラー服を着てはダメなのか?なぜわれわれの学校はダサくて見苦しいジャージを着させるのか?学校の古くさいセンスが問題なのか?」と質問している。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまな回答が寄せられた。

「もしも中国でセーラー服を採用したら、校長先生による性的暴行事件が発生する可能性がより高くなる」
「(セーラー服を)着ていなくても、鬼畜のような校長が多いんだ。セーラー服だったらもっと大変なことになる」
「校長先生が自分を抑えることができなくなるのを恐れているのでは」

「中国国内の制服は基本的にダサいデザイン。いまの校長先生のほとんどが毛沢東の時代に生きた人だからね」
「いいじゃないか。70年代なんか、みんな軍服を着て学校に行っていたんだぞ」
「誰が着るかによるんじゃないか?日本のようなセーラー服を着れば、みんなきれいになるわけではない」

「衣服の基本的な要件は暖かいことだろ」
「やはり精力を勉強に向けさせるためじゃないか」
「学校に行くのであって、お見合いに行くわけじゃないからだ」





中国ネットの驚きの回答!中国でセーラー服が採用されないのは「鬼畜のような校長が多いから」「校長が自分を抑えられなくなるから」
http://www.recordchina.co.jp/a100350.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報