2015年1月22日木曜日

大韓航空の国際線乗客数が減少!韓国航空会社7社で唯一=韓国ネット「ブサイクが威張っている会社はだめだ」

2015年1月20日、韓国・聯合ニュースによると、趙顕娥(チョ・ヒョナ)前副社長のナッツ・リターン事件など、問題が相次いでいる大韓航空の国際線乗客数が、2年連続で減少したことが分かった。



仁川空港公社と韓国空港公社の統計によると、昨年の大韓航空の国際線乗客数は1660万人で、2013年の1664万6000人から0.3%減少した。2012年の1698万7000人と比べると、2年間で38万7000人減ったことになる。昨年の国際線乗客数が減少したのは、韓国航空会社7社のうち大韓航空だけだった。

国際線乗客数が2年連続で減少した原因について、同社関係者は「格安航空会社のLCCや外資系航空会社の積極的な市場攻略に押されたため」と説明した。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「うれしいニュースだ」
「やっぱりね。ブサイクが威張っている会社はだめだ」

「もっと減少させないと。大韓航空はしっかり反省しろ」
「これからも利用客は減り続けるだろう。大韓航空をなくすべきじゃない?」

「趙顕娥が怖くて大韓航空には乗れない」
「大韓航空が会社名を変えるまでは絶対に乗らない」

「恥をかかされた国民にできることは、大韓航空を利用しないことだけ」
「何かに似ていると思ったら、朴大統領の支持率だった!」(翻訳・編集/篠田)






大韓航空の国際線乗客数が減少!韓国航空会社7社で唯一=韓国ネット「会社名を変えるまでは乗らない!」「何かに似ていると思ったら…」
http://www.recordchina.co.jp/a100980.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報