2015年1月15日木曜日

【中国が日本のサルまね】 <サッカー>中国サポーター、試合後にスタンドのごみ拾い=「日本人しかできないなんて誰が言った?」「ほとんど華人だよ」―中国ネット

2015年1月14日、サッカーアジア杯の中国対ウズベキスタンの試合後、中国のサポーターがスタンドのごみを拾い集めたことが、大きな注目を集めている。



ウズベキスタンに2-1で勝利したこの日も、中国から多くのサポーターが現地オーストラリアに駆け付けていた。試合後、中国のサポーターたちはスタンドをきれいに掃除し、すべてのごみを持ち帰ったという。中国メディア・新浪体育は「12人目の中国代表は偉大だ!」と伝えた。

この報道に、中国のネットユーザーたちは多数のコメントを寄せている。

「中国サッカーと中国人に『いいね』」
「私、このニュースを見て泣きそうになった。中国サポーター、中国サッカーは本当にすごい」
「中国代表とサポーターは共に成長している」

「ほとんどが華人でしょ」
「国内の中国人と国外の中国人は本当に違うな。はははは」
「現地の華人はもう中国国籍ではなくなっている。彼らの素養はとっくに外国人と同じレベルになっている」

「日本人のマネか。でも、いいことだ」
「日本がさまざまな面でわれわれの手本になっていることは否定できない」
「『こういう素養は日本にしかない』なんて誰が言った?」

「やっとこうした素養のある光景が見られたな」
「ごみを拾うのは尊敬すべき行為だが、ごみをポイ捨てしない方がもっと称賛に値する」
「全員が、自分が出したごみを持ち帰れるといいね」






<サッカー>中国サポーター、試合後にスタンドのごみ拾い=「日本人しかできないなんて誰が言った?」「ほとんど華人だよ」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a100728.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報