2015年1月16日金曜日

また?大韓航空副社長、ナッツ事件の取り調べでウソ=韓国ネット「いい歳してイタすぎる」「事件が多くて忘れてた」

2015年1月16日、韓国・聯合ニュースによると、自社機内のサービスに不満を抱いて機体を引き返させたとして、航空保安法上の航空機航路変更などの罪で起訴された大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長が、これまでの主張とは異なり、航空機がすでに出発していたのを知っていたことが明らかになった。



韓国検察の起訴状によると、趙副社長は5日(現地時間)、乗客として乗った大韓航空の機内で、客室乗務員のナッツの出し方がマニュアル通りでなかったことに激怒し、機内サービスの責任者である事務長に「この飛行機は飛ばさない。すぐに止めろ」などと指示したという。趙前副社長はこれまで、「航空機が動き始めていたとは知らなかった」と航空機航路変更罪を否認していた。また、国土交通部の調査を受ける役員や社員に虚偽の証言をするよう指示していたことも分かった。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「かわいそうな人だ」
「最近、悲惨な事件が多すぎて大韓航空のことをすっかり忘れてた」
「外国に住む韓国人として、こんなに恥ずかしいことはない」

「もし趙前副社長に実刑判決が出されなかったら、韓国に法律は存在しないと考えていい」
「韓国の法律は甘すぎる。米国で逮捕されれば良かったのに」

「どんなに着飾ってもクズはクズだ」
「刑務所よりも病院に行った方がいいんじゃない?ここまでくると、精神に異常があるとしか思えない」

「最低でも懲役10年!」
「いい歳してイタすぎる」
「『この飛行機は飛ばさない!』7歳くらいの女の子が言えばかわいいけど…」
「顔はおばさんなのに、中身は子供のまま」







また?大韓航空副社長、ナッツ事件の取り調べでウソ=韓国ネット「いい歳してイタすぎる」「事件が多くて忘れてた」
http://www.recordchina.co.jp/a100795.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報