2015年1月15日木曜日

米教授らが安倍首相を批判、「慰安婦記念碑にバラの花を!」=韓国ネット「日本はロビー活動をやめたの?」「何を言っても無駄だ」

2015年1月15日、韓国・文化日報は、日本政府が慰安婦に関しての歴史を修正しようとしていることを受け、米国で日本政府の謝罪を促す動きが広まっていると伝えた。



14日、アジア太平洋安全保障研究センターのジェフリー・ホノン教授は米誌フォーリンア・フェアーズに寄稿した文章の中で、「ヴィリー・ブラント元西ドイツ首相は1970年にポーランドの首都ワルシャワのユダヤ人ゲットー跡地でひざまずいて謝罪した。安倍首相もこのような勇気ある行動をするべきだ。安倍首相は米国にある慰安婦記念碑の前でひざまずき、バラの花を供えなさい」などと主張した。

また、アメリカン・エンタープライズ研究所(AEI)のマイケル・オースリン研究員も、ある米オンライン雑誌に寄稿した文章で、「戦後70年を迎えるにあたり、安倍首相は国策の過ちと侵略戦争の歴史を反省した村山談話を継承し、過去を謝罪しなければならない」などと述べた。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「韓国は中国や東アジアの国と連携して、日本に対する『謝罪要求運動』を始めるべきだ」
「いくら否定しても歴史を消すことはできない」
「日本はロビー活動をやめたのか?それともお金が尽きた?」

「今の日本には何を言っても無駄だ」
「米国の慰安婦記念碑ではなく、韓国にいる元慰安婦のおばあさんたちの前でひざまずき、謝罪してほしい。それでも足りないくらいだ」

「大げさに報道しているけど、実際、米国人の多くは慰安婦問題に興味ない」
「朴大統領も安倍首相にガツンと言えないものかな?」
「いまだに謝罪を受けられないおばあさんたちがかわいそう。日韓がお互いに誠意を見せ合って、早く関係が改善されますように」






米教授らが安倍首相を批判、「慰安婦記念碑にバラの花を!」=韓国ネット「日本はロビー活動をやめたの?」「何を言っても無駄だ」
http://www.recordchina.co.jp/a100738.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報