2015年1月14日水曜日

中国人民解放軍が水陸特殊戦の精鋭部隊「海狼突撃隊」を結成、戦術の革新を実現―中国紙

2015年1月11日、解放軍報によると、中国人民解放軍南京軍区が「海狼突撃隊」を結成した。



中国人民解放軍の機関紙である解放軍報に掲載された。南京軍区司令部の某師団が新たな戦争に対応するべく、新戦術の開発などに取り組んだことを紹介している。また、2014年5月には精鋭100人を選抜し「海狼突撃隊」を結成。10回以上もの実践的演習を経て、8項目の新成果で特殊作戦に関する空白を埋めたと誇っている。他にも数十項目の戦術の革新を成し遂げ、20回以上の重大演習を完成させた。その成果を讃えられ、3回目となる「全軍先進司令部」賞を受賞した。

解放軍報には毎号のようにある部隊や基地のすばらしい取り組みを称賛する記事が掲載される。しかし軍事機密を守る必要から、「某師団」の「あるすばらしい戦術」といった抽象的な表現しかない。この記事でも「海狼突撃隊」が結成されたことはわかったものの、具体的にどんな存在については触れられていない。






中国人民解放軍が水陸特殊戦の精鋭部隊「海狼突撃隊」を結成、戦術の革新を実現―中国紙
http://www.recordchina.co.jp/a100502.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報