2015年1月15日木曜日

中国版ツイッター、今年中に実名制導入へ=ネットユーザーからは危惧の声も「個人情報を悪用されたらどうする!」「沈黙するしかない」

2015年1月13日、中国・国家インターネット情報弁公室は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)や検索最大手・百度(バイドゥ)の掲示板などで今年中に実名制を実施すると発表した。中国各紙が伝えた。



国家インターネット情報弁公室モバイル・ネットワーク管理局責任者の徐豊(シュー・フォン)氏によると、実名制の他にネットユーザーの身分情報管理を強化する方針だという。中国各紙(電子版)のニュースのコメント欄に寄せられたユーザーの意見は、実名制の導入を支持する声ばかりで、反対意見は皆無だ。

だが、微博には実名制に対する不安を訴える書き込みが相次いでいる。そのなかで代表的なものを紹介する。

「実名って、私の名前がみんなに知られるってこと?悪用されたらどうするの?」

「個人情報を公開するのと一緒じゃないか」

「私のプライバシーは?私の人権は?」

「それが本当なら、沈黙するしかないな」

「オレたちの口をふさぐのが目的なんだろ」

「もう微博やめるわ」






中国版ツイッター、今年中に実名制導入へ=ネットユーザーからは危惧の声も「個人情報を悪用されたらどうする!」「沈黙するしかない」
http://www.recordchina.co.jp/a100640.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報