2015年1月11日日曜日

上海モーターショーでコンパニオン廃止 =中国ネット 「オレはもう行かない!」

2015年1月9日、今年4月に開催予定の「上海モーターショー2015」について、同組織委員会が各メーカーに対し、コンパニオンの一律廃止を命じる通達をしていたことが明らかになった。中国経済網が伝えた。



上海モーターショーに参加する各メーカーも当局によるコンパニオン廃止を認めている。吉利汽車(ジーリー)の広報責任者は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、「たった今、同僚が組織委員会からの通達を受けた。ショーでさまざまな演出を考えていたが、全部キャンセルだ。静かなモーターショーになるだろう」と投稿した。

中国では近年、モーターショーが国内各地で開催されているが、メーカーが人寄せのために起用しているコンパニオンの存在が問題視されていた。露出度の高い衣装をまとい、カメラを構えた一般入場者の前で大胆なポーズをとるコンパニオンに「低俗すぎる」との批判が噴出していた。この報道に対するネットユーザーの反応は以下の通り。

「もっと早くこうするべきだったんだ。遅すぎるよ」
「モーターショーなのに、車を見ないで裸同然の女を見るやつらばかり。国民を堕落させるのが狙いだろ」
「主催者側が入場料欲しさにやってたんじゃないの?クズどもが殺到するから」

「これでゆっくりと車を見ることができる」
「本物の車好きには朗報だな」

「で、誰が見に行くの?俺は行かないよ」
「コンパニオンって、車とセットの売り物じゃないの?」






上海モーターショーでコンパニオン廃止、露出競争激化が原因か=中国ネット「もっと早く廃止すべきだった」「オレはもう行かない!」
http://www.recordchina.co.jp/a100496.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報