2015年1月20日火曜日

産経前支局長の裁判、引用元の韓国メディアも「うわさの確認していない」=韓国ネット「戦う相手が違う」「日本メディアを応援する日が来るとは…」

2015年1月19日、韓国・ニューシスによると、記事で韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけたとして、情報通信網法に基づく名誉毀損(きそん)の罪に問われた産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の第3回公判がソウル中央地裁で開かれ、朴大統領の元側近チョン・ユンフェ氏が証人として出廷した。



加藤前ソウル支局長は8月3日、韓国紙の朝鮮日報のコラムなどを引用して、セウォル号が沈んだ4月16日、朴大統領が7時間行方不明になっており、その間、チョン氏と密会していたのではないかと報じ、韓国の保守団体から告発された。

チョン氏は、産経新聞と朝鮮日報のコラムの違いについて、「産経新聞は朴大統領のうわさを断定したのに対し、朝鮮日報はそのようなうわさは許されないという趣旨だったし、産経新聞はうわさについて(自分に)確認をしなかった」などと述べた。しかし、「朝鮮日報は確認作業を行ったのか?」という弁護側の質問に対しては「いいえ」と答えたという。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「早く朝鮮日報も訴えて。そして真実を明らかにして」

「戦う相手を間違えている。朴大統領の相手は、産経新聞ではなく朝鮮日報だ」

「恥ずかしくて言葉が出ない」

「大統領を守るために一生懸命だね。こんなに純粋な男はなかなかいないよ」

「そんなことはどうでもいい。7時間何をしていたのか正直に話して」

「日本メディアを応援する日が来るとは思わなかった。汚い韓国政府に負けるな!」

「チョン・ユンフェが何を言っても、もう国民は誰も信じない」

「朴大統領を侮辱することは韓国人全員を侮辱すること。どんな経緯があろうと関係ない。日本人記者は厳しく処罰されるべき」






産経前支局長の裁判、引用元の韓国メディアも「うわさの確認していない」=韓国ネット「戦う相手が違う」「日本メディアを応援する日が来るとは…」
http://www.recordchina.co.jp/a100961.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報