2015年1月20日火曜日

【韓国崩壊】 韓国、「家族」の定義が揺らぐ深刻な状況=家族と朝食を食べる韓国人は半数に満たず―韓国メディア

2015年1月19日、韓国語の「家族」には、「ご飯を一緒に食べ一つ屋根の下に暮らす人」という意味も含まれているが、過半数の人が家族と一緒に朝食を、3割の人が家族と夕食を食べられない現状では、この言葉は不適切な様にも感じる。人民日報(電子版)は韓国メディアの報道を引用し伝えた。



韓国・聯合ニュースによると、同国の保健福祉部疾病管理本部は19日、1歳以上の国民7000人に対して行った2013年の国民健康に関する統計データを公開。2005年の調査開始以来、「朝ご飯を家族一緒に食べる」と「晩ご飯を家族一緒に食べる」の割合は減少傾向をたどり、それぞれ2005年の62.9%と76%から2013年は46.1%と65.1%にまで減少した。

同部はデータについて、「今回は原因について調査していないが、家族と食事を共にする人が減少しているのは、家にいる時間が減っていることや、家族と離れて暮らしていることなどが関係していると思われる」と述べている。






韓国、「家族」の定義が揺らぐ深刻な状況=家族と朝食を食べる韓国人は半数に満たず―韓国メディア
http://www.recordchina.co.jp/a100957.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報