2015年1月19日月曜日

軍人専門家・張召忠氏による「殲-10の戦闘力は日本のF-15に勝る」発言 中国ネット「これで終わったな。殲-10はもうおしまいということだ」

2015年1月17日、中国メディアの新浪が、中国の軍事専門家である張召忠氏へ行った単独インタビューについて、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えた。その中で張氏は「中国の殲-10の戦闘力はインドのSu-30や日本のF-15に勝る」と主張したという。



新浪によれば張召忠氏は、「殲-10Bは殲-10Aと比べて全体的に30%性能が向上しており、周辺国の戦闘機と比べても殲-10Bは優れている。フェーズドアレイレーダーを搭載した殲-10Bは殲-20が配備されるまでの隙間を埋めてくれるだろう」と語った。

これに対して中国のネットユーザーからは以下のコメントが寄せられた。

「この人が何も言わなければ安心なんだけど、何か言い出すと心配になる」
「どうして張少将が話すことはどれも信じられないんだろうな」
「殲-10は軽量機だ。なんで大型機と比べられるんだよ」

「海軍の少将が空軍の戦闘機を語るとは…」
「この人の言うことを信じる人ってまだいるのかね?」
「俺はあんたの言うことを信用していないし、殲-10と70年代の代物とを比べて進んでいるとか言っても意味がない」

「俺は張召忠という軍事専門家の言うことを評価しているよ。軍備についての知識や時勢の分析、戦闘の例などはどれも、オリジナリティあふれた発言だ」
「これで終わったな。殲-10はもうおしまいということだ」





軍人専門家・張召忠氏による「殲-10の戦闘力は日本のF-15に勝る」発言に「この人が何か言い出すと心配になる」―中国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a100872.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報