2015年1月14日水曜日

韓国で大流行の発明品、日本では20年前にその原型が=「韓国の発明だと思ってたのに」「日本にはどうやっても追いつけない」―韓国ネット

2015年1月14日、韓国のインターネット掲示板に「日本の使い道のない発明品in 1995」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの関心を集めている。



スレッド主は、ある書籍の1ページを紹介。1995年に日本で発明されたという、その名も「Self―Portrait Camera Stick」は、まさに現在、韓国を始めアジアで人気を博している「セルカ棒(自撮り用スティック)の原型とも言える形をしている。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。以下はその一部。

「発明品は時代の波に乗らないとね。当時のデジカメにセルカ棒は必要ない」

「デジカメはよく三脚を使っていたから、当時の人々も(今のように)セルカ棒を必要としていなかったんだろうな」

「セルカ(自撮り)という文化とともに前面カメラが登場し、それでももどかしいからセルカ棒ができた。だから単純なデジカメに付けるセルカ棒ははやらなかったんだよ」

「セルカ棒は韓国の発明品だと思ってたのに…。やっぱり他国の発明を持ってきたんだね(泣)」

「セルカ棒は韓国の発明品じゃない。欧米の人が作ったものを、韓国が広めただけ」

「さすが日本。(韓国より)20年先を行ってる…。絶対に追いつけない」

「国民意識、科学、学業レベル、人間性。多くの面で日本は先進国」





韓国で大流行の発明品、日本では20年前にその原型が=「韓国の発明だと思ってたのに」「日本にはどうやっても追いつけない」―韓国ネット
http://www.recordchina.co.jp/a100658.html

0 件のコメント:

コメントを投稿

今日のトレンド

倒産情報